中古車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 中古車人気ランキング!【一覧】 > ステーションワゴンの中古車人気ランキング!

ステーションワゴンの中古車人気ランキング!

ステーションワゴンの中古車ランキングと、スペック比較表一覧

ステーションワゴン【中古車人気ランキング】

 こちらのページでは、ステーションワゴン車種別のスペックを、中古車人気ランキング形式で比較しています!
中古車相場価格燃費」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の中古車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から販売台数が多い順(人気順)となっております。

もし気になる中古車がありましたら、「中古車販売実績NO.1のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!
すでにお持ちの車を売る予定の方は、「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!どちらもシェアNO.1です(^^)

ステーションワゴンの中古車人気ランキング【1位~10位】

  • 高級車も中古車でなら安く手に入る!
  • 室内サイズと荷室サイズを比較しよう!
  • ラゲッジルームの傷の具合も要確認!
  • ワゴンは国産車よりも輸入車が人気!
  • 後席の足元空間は十分か確認しよう!
  • ルーフキャリアをつけていた中古車もあるので、天井の傷も確認しよう!

販売台数 10
  3シリーズ(ステーションワゴン)の中古車の評価と相場価格 MINIの中古車の評価と相場価格 カローラフィールダーの中古車の評価と相場価格 A4アバントの中古車の評価と相場価格 レガシィツーリングワゴンの中古車の評価と相場価格 5シリーズ(ステーションワゴン)の中古車の評価と相場価格 インプレッサスポーツワゴンの中古車の評価と相場価格 アコードツアラー インプレッサスポーツワゴンの中古車の評価と相場価格 308
車名 3シリーズ(ワゴン) MINI カローラフィールダー A4アバント レガシィツーリングワゴン 5シリーズ(ワゴン) インプレッサスポーツワゴン アコードツアラー ウィングロード 308
メーカー BMW MINI トヨタ アウディ スバル BMW スバル ホンダ 日産 プジョー
JC08モード燃費 15.2km/L 17.2km/L 19.6km/L 13.8km/L 14.4km/L 13.8km/L 16.6km/L
*10.15モード
13.0km/L 17.2km/L 16.1km/L
エコカー減税 75%減税 50%減税 75%減税 50%減税 75%減税 100%減税 100%減税 50%減税 50%減税 -
室内長(mm) 4625 *全長 3740 *全長 1945 4720 *全長 2190 4915 *全長 1845 2040 2055 4253 *全長
室内幅(mm) 1800 *全幅 1685 *全幅 1430 1825 *全幅 1545 1860 *全幅 1380 1530 1395 1804 *全幅
室内高(mm) 1460 *全高 1430 *全高 1200 1465 *全高 1230 1490 *全高 1200 1165 1210 1457 *全高
新車価格 471万円

755万円
261万円

570万円
153万円

226万円
485万円

541万円
252万円

364万円
640万円

1070万円
116万円

264万円
275万円

413万円
161万円

234万円
279万円

339万円
中古車
相場価格
109.9万円

498万円
80万円

428万円
78.8万円

234万円
99万円

478万円
99万円

312.9万円
159万円

678万円
42万円

165.5万円
69万円

298万円
65万円

148万円
78万円

228万円
評価 3シリーズ(ステーションワゴン)の中古車の評価と相場価格 MINIの中古車の評価と相場価格 カローラフィールダーの中古車の評価と相場価格 A4アバントの中古車の評価と相場価格 レガシィツーリングワゴンの中古車の評価と相場価格 5シリーズ(ステーションワゴン)の中古車の評価と相場価格 インプレッサスポーツワゴンの中古車の評価と相場価格 アコードツアラーの中古車の評価と相場価格 ウィングロードの中古車の評価と相場価格 308の中古車の評価と相場価格
中古車検索

※ なお、表示価格は車体価格ですので、実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。
【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス 」でお見積りをとると、最も重要な「支払総額」がわかります(^^)

※ 中古車相場価格については、あまりに古い中古車は参考になりませんので、おおむね5年以内の中古車価格を目安としています。

もし気になる中古車がありましたら、「中古車販売実績NO.1のガリバー 」で、総額いくらで購入できるのか見積もりをとってみましょう!
すでにお持ちの車を売る予定の方は、「 中古車買取実績No.1ガリバー 」で買取査定をしておきましょう!どちらもシェアNO.1です(^^)

国産車ではスバルがトップ!

ステーションワゴンとは乗用車のルーフをテールエンドまで伸ばし、リアゲートを取り付けて車内空間を広げた車種です。2BOXハッチバックと似ていますが、リアのオーバーハング(後輪中心からテールエンドまでの長さ)が長いため、積載能力が大きく上まっているという特徴を持ちます。

SUV登場以前は人が乗れて荷物を多く積めるという多目的用途を担っていましたが、現在はSUVだけでなくミニバンでも多目的用途の機能性が上回っていることから日本国内では人気薄となりつつあるカテゴリーといえます。

やや人気薄のステーションワゴンですが、その中でも高い評価を得ているのがスバルのレガシィツーリングワゴンです。6代目よりレヴォーグと独立したネーミングが与えられましたが、中古車市場ではまだレガシィ・ツーリングワゴンの人気は健在で、国産のステーションワゴンにおける中古車市場では圧倒的な販売台数を保っています。

レガシィ・ツーリングワゴンはスバル特有の水平対向エンジンを搭載していること、長い歴史を持つ4輪駆動技術を持っていることなどの特徴から、SUV的なポジションもクロスオーバーしていることが人気の要因となっています。中古車人気ランキングでは安定して上位に入り続けているのも頷ける話です。

ステーションワゴンはドイツ車が強い!

国産車では、その他にトヨタのカローラフィールダーや日産のウィングロードがありますが、スタンダードに徹していることから中古車人気ランキングにおいて飛躍的な順位にまで上り詰めるのは難しいと予想されます。

ステーションワゴンの中古車人気ランキングで上位を占めるのはヨーロッパ車です。BMWやアウディなどドイツ御三家の乗用車はステータスシンボルとして扱われるケースが多いのですが、ヨーロッパでは長い休暇の際に車で旅行することが多いことからステーションワゴンがカーライフに溶け込んでいるという事情があります。

この事情を背景として各メーカーもステーションワゴンの開発に力を入れていることから、どうしてもスタンダードを求める国産ステーションワゴンとは走行機能面からユーティリティ性まで大きく差をつけられてしまうのが現状です。

新車では高い販売価格となるヨーロッパ車のステーションワゴンですが、中古車になれば状態の良い車種でも価格が一気に下るので消費者も買いやすくなることがランキング上位を占める人気の理由のひとつとなっています。

< ↓他の車種の車種別中古車人気ランキング↓ >

< ↓ニーズ別中古車人気ランキング↓ >

< ↓メーカー別中古車人気ランキング↓ >

中古車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 中古車人気ランキング!【一覧】 > ステーションワゴンの中古車人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >