走行距離の多い中古車はお得!?

走行距離が多い中古車をあえて選ぶ

走行距離の多い中古車 中古車を選ぶ際には、ほとんどの方が走行距離の目安を決定してから検索します。

例えば、走行距離2〜3万kmの比較的新しい中古車や、5万km程度の価格が下がっている中古車といった具合です。

中古車において走行距離というのは非常に重要で、車を査定する際の基準の1つに走行距離が何kmかという項目があるほどです。

 さてこの走行距離ですが、当然、走行距離が少なければ少ないほど中古車価格は高くなります。逆に多ければ多いほど安くなります。

走行距離多い=中古車価格高い>走行距離少ない=中古車価格安い

もちろん走行距離が少ないほどエンジンやその他補器類の消耗度合も少ないわけですから、新車により近い状態となります。

ここで1つ考えていただきたいのですが、エンジンやその他の消耗品って、そう簡単に消耗するものではないということです!

もちろんバッテリーやタイミングベルトなどは、走行距離が多ければ交換することは原則ですが、それ以外の部品については、不具合が起きていれば交換する程度の認識でも大丈夫だったりします。

特に日本車は耐久性が世界一高い車なので、定期的にメンテナンスさえしていれば、平均して20万km以上は余裕でもつ耐久性を備えているのです!

走行距離10万kmを超えた中古車は、意外に狙い目!

 中古車を選ぶ際に、走行距離10万km以下というのを1つの目安に探す方も多いようです。

走行距離10万kmと聞くと、"寿命でボロボロ"や"買ってもすぐ故障するから修理代が高くつく"などのイメージがあるようです。

しかしこんなイメージを持っているのって、実は日本人だけだったりします(^^;)

他の国ではというと、、、例えばアメリカやヨーロッパなんかでは、走行距離10万kmなんてごく一般的です。「だから?」ってな感じです(笑)

外国は大陸ですので、日常で何百kmと移動することも多いですから、年間の走行距離が日本の2倍〜3倍にもなります。ですので、20万kmや30万km走っている車なんてごくごく一般的なんです。

対して日本はというと、外車よりも耐久性の高い日本車に乗っているにもかかわらず、10万kmがきたら寿命だと勝手に思い込んでいるのです(^^;)

試しに ガリバー で走行距離が10万kmを超えた中古車を検索してみると、車体価格が10万〜30万円で購入でき、支払総額でも50万円以内の中古車が基本となっています。

はっきり言って、超安いです!!!(^^)

車はエンジンさえ生きていれば、他のエアコンなどの補器類が壊れたとしても、修理費用は高くとも20万円以内に収まるものです。

それらの修理費用を足したとしても、走行距離が10万kmを超えた中古車は非常に安いので、結果的にはお得な買い物となるのです!

ただやはり走行距離10万kmを超えてくると、年式が古くなっていたり、内装も古くなっている場合がありますので、メンテナンスをするという前提で購入する方がよろしいと思います。

ですので、走行距離10万kmを超えた中古車を購入する場合は、後に修理代として20万円程度はかかってくると考えておいた方がよいでしょう!

もちろんすでに修理が完了していて、購入後にもまったく問題なく乗り続けられる掘り出し物も存在しますが...。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

10万km超えはタイミングベルトに要注意!

エンジン

10万kmを超えた中古車の価値は、使う人によって異なります。

とにかく故障や部品の交換によって乗れなくなる期間が生じるのは嫌だ、という人には絶対にお勧めできません。

しかし車は動けばいいし、機械の固まりだから故障したり部品を交換したりするのは当たり前、と考えている人であれば十分にメリットがあります。

10万km走行車でも、エンジンやボディは普通に使っている限り問題は発生しません。エンジン周辺の消耗品を交換していれば、エンジン本体は20万km以上は確実に稼働し、ボディはサビを発生させなければ50〜60年でも長持ちします。

したがって10万km超えの車種を購入するのであれば、エンジンメンテナンスがきちんと行われていること、ボディにサビが浮いていないことを必ず確認することが大切です。そのためにも自分の目で確かめると同時に整備記録簿が残っている車を選んでください。

10万km超えの車種を購入する際、まず気をつけたいのがタイミングベルトです。タイミングベルトはカムシャフトを駆動させるための装置で、古い車種はゴム製のため、小型車や普通車の場合は10万km前後で、軽自動車は7〜8万kmで交換する必要があります。

このタイミングベルトの交換時期を過ぎたまま乗っていると、ベルトが切れてカムシャフトがバルブと同調しなくなり、エンジンそのものを壊してしまいます。

10万km超えの車種を購入する際は、タイミングベルトを交換している車か、もし交換していない場合はすぐに交換することをお勧めします。

ターボモデルは整備記録簿でオイル交換時期をチェックする!

ただし最近の車種は、軽自動車でもメンテナンスフリーのタイミングチェーンを使用していることがあります。ゴム製ではなく金属製で30万kmまで耐用できる設計になっているので、タイミングチェーン使用車であれば交換は必要ありません。

タイミングベルトの交換費用はそれほど高くなく、小型車や普通車でも5〜6万円、軽自動車であれば3〜4万円で済みます。

業者によってはタイミングベルト回りの交換としてウォーターポンプやVベルト(エアコンを稼働させるためのベルト)なども一緒に交換を迫ることがありますが、水漏れやエアコンの効きが悪いなどの要因がなければ交換する必要はありません(ただし一緒に交換した方が別々に交換するよりも安く上がります)。

また、ターボ装着モデルはオイル交換を定期的に行っていない場合、ターボチャージャーが10万km前後で故障する可能性があるので、整備記録簿でオイル交換のサイクルを調べてください。

その他の大きな交換部品としては、オルタネーターやプラグ、シャフトブーツやステアリングラックブーツなどがあります。これらを故障する前に交換しておけば、車種の状態にもよりますが、その後5〜6万kmはノントラブルで走行することが可能です。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-