中古車選び関連情報

中古車の基礎知識

中古車選び関連情報

 こちらのページでは、中古車選び関連情報をご紹介しております(^^)


 中古車はその性質上、新車と違って非常に奥が深いです。

個々の中古車によってコンディションは全く違いますし、中古車販売店や買取店も無数に存在します。

また、最近の車は非常に壊れにくくなっているため、初期費用が安く済む中古車に人気が集まっています。

そんな中古車に関する情報を集めてご紹介しております(^^)

中古車選び関連情報

中古車に関する情報は消費者の動向や社会情勢によって、つねに変化しています。

新しい情報があれば間違った手続きを回避でき、余分な出費を抑え、より信頼性の高い中古車を手に入れることができるので、購入予定を考えている人はこのページのコンテンツにある関連情報を始め、さまざまな中古車情報の収集をお勧めします。

1980年代まで、中古車の購入は近隣の中古車販売店を回り、展示車両から気に入った車種を探す以外に方法はありませんでした。

しかし今日、ネットの発達によって日本中の中古車を自宅や中古車販売店にて閲覧することができ、広い選択肢から自分に最適な1台を選ぶことができます。

1980年代の終わり、バブル経済崩壊後から中古車市場は激変しており、その変化は今なお続いているといえます。

激変のきっかけとなったのは、それまでメーカーが主導していたオートオークションが民間の中古車販売店によって実施されたことからです。

それまでメーカーはオートオークションを開催して査定価格で下取りした中古車を販売店へ売却、利益を上げていましたが民間業者の開催によって業者間の中古車の流通が盛んになり、またオートオークションへ出品して利益を上げることが目的で、車買取業者という新たな中古車業態が生まれました。

中古車は下取りか廃車か、どちらしか選択肢がないと思っていたユーザーにとって、車買取業者の出現は第三の選択肢となり、車買取業者に関する情報を知っているだけで中古車購入の予算を増やせる絶好のチャンスとなります。

その車買取業者も業界が形成され始めた頃は玉石混交、企業コンプライアンスも確立されていなかったため、さまざまなトラブルを引き起こしました。

その代表例が売却後の無謀なキャンセル料発生ですが、最近では車買取業の大手、ガリバーを中心に各業者ともコンプライアンスを成立させ、キャンセル料に明確な基準を設けるようになっています。

買取だけでなく販売面でも大小の変化が見られます。たとえば以前は自分で調べるしか方法がなかった展示車両の事故跡は修復歴あり、という表示が義務付けられ、最近では走行距離が極端に短い車種とディーラーが登録しただけの車種を分けるために登録済み未使用車という表記も推し進められています。

また買取を中心に業務拡大してきたガリバーが、現在は自社流通の良好状態車種を選んで、ブランド化している販売チャネルで積極的に販売しているといった情報も中古車選びには役立つ情報です。

中古車業界の業態が固まることはないので、つねに新しい情報や業界の変化に留意してください。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-