中古車は何年落ちまでが買い?

中古車の年式・走行距離を見る!

中古車は何年落ちまでが買い?
〜年式だけでなく走行距離との関連性を重要視する〜

低年式になるほど中古車の価値は下がる

中古車は何年落ちまで「車は10年落ちになれば粗大ゴミ同然」と判断する人がいます。

その一方で、「最近の車は10年落ちでも昔と違って性能が向上しているから壊れる心配がない」と判断する人もいます。これ、実はどちらも正解です。

普通乗用車の資産価値は法定耐用年数で6年と決められており、簡単に言うと減価償却で毎月減っていき、6年後には資産価値が0になります。

リセール(下取や買取)で査定の際は年式がひとつの基準になっており、どれほど丁寧に乗っていても、低年式になればそれだけで車の価値が下がるのです。

低年式で走行距離が伸びている車の場合、エンジン機関そのものに問題がなくても消耗品の劣化が発生します。

主にゴムを使用している部品で、だいたい8〜10万q走行するとファンやエアコン類のベルト、タイミングベルトも交換時期になります。

他にもドライブシャフトやタイロッドのブーツ類があります。またバッテリーやプラグ類など電装系にもトラブルが出てくる時期です。

低走行距離の中古車なら10年落ちでも実用性は十分あり

車が10年落ちになればゴミ同然、とは表現が適切でないにしても、走行距離の伸びた車は確かにメンテナンスが必要で、よほど気に入った車でない限り購入には値しません。

しかし、10年落ちという低年式だけで判断する人は、以前、10年を経過した車は車検が1年毎になって経費がかさむ、というイメージを持っている人です。昔は10年を経過した車の車検は1年毎でし。

現在、10年を経過しても車検は2年毎ですから、法的にも車の耐用年数が伸びていることが証明されています。逆に走行距離さえ少なければ、日常的に問題なく乗れるのが現在の車です。

現在、10年落ちの車は2004年前後に製造された車ということになります。

例を上げるとトヨタのヴィッツが、初代SCP型から2代目KSP型に以降する直前の頃です。

デザインとしてはかなり古くなりますが、中古車市場には2万q以下の車種が豊富に揃っており、価格も30〜40万円台で購入することができます。低年式でも走行距離を考慮すれば十分に実用的な車といえます。

中古車の年式にはそれぞれメリットがあります。新車登録から3年以内ならば車検が残っているので、車両本体価格以外の諸費用が安く上がりますし、リセールも高価格になります。

5年以内の車ならば初期不良を交換して安定した機能を持っている車が多く、フルモデルチェンジを経過しているので価格が一気に安くなります。10年以内でも機関が良好ならば十分な実用性を持っています。

3年以内、5年以内、10年以内の中古車を選ぶのは好みや実用性といった個人の基準になりますが、ひとつだけ共通している選択基準があります。

それは、"購入希望の車種に迷ったら、とにかく走行距離の少ない車の方を選ぶ"ということです。

車は走るほど消耗品が劣化していくので、走行距離は重要な判断基準なのです。

気になっている中古車があるなら、
すぐに見積もりをとろう!

今、頭の中に気になっている中古車があるなら、すぐに見積もりだけでもとった方がいいです!

なぜなら"あなたが気になっている中古車は他の多くの方も気になっている"からです。良い在庫ほど早く売れてしまいます。

中古車販売実績・販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)国内トップクラスの保証も充実しています!※氏名・電話番号は正しく入力しましょう。

お見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う車種を探してくれます!

ガリバーの中古車が他社より安い理由

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 中古車の選び方・購入ガイド! Since 2012/4/30-